back宮崎観光写真のページへ back 生目古墳群

生目古墳群 生目の杜遊古館 埋蔵文化センター内の写真


生目古墳群に2009年4月完成した「生目の杜遊古館」の埋蔵文化センター内の施設の一部の写真です。
生目の杜遊古館(埋蔵文化センター)は宮崎市の埋蔵文化財の「調査・研究」「整理・保存」「公開・活用」を目的とした施設であり、隣接する国史跡生目古墳群のガイダンスセンターでもあります。

施設の内容
展示室、研修室、エントランス(視聴覚コーナー情報図書コーナー)、調査研究/整理室、一般収蔵庫、特別収蔵庫、書庫資料室、写場、処理室、水洗室、事務室

建設費(埋蔵文化センター本体および設備工事費) 約7億2千万円
起工 平成19年10月 竣工 平成20年9月 使用開始 平成21年4月 

勾玉作りや火おこし体験等(体験学習館)、考古に親しむ施設が出来た事は大変喜ばしいことだと思います。
ページ作成時点(2009年4月)では休日等だけ一日2回開催されているようです。事前確認をお願いします。
生目古墳群生目の杜遊古館のパンフレット等の紹介 生目古墳群ガイドブック


展示室よりガラス越しに一般収蔵庫を見る事が出来る。

展示室より一般収蔵庫を見た光景

壁には7号墳の模型が・・・

7号墳は前方後円古墳部からも地下式横穴墓が発見された。 
ヤマト政権の象徴ともいえる前方後円古墳と南九州特有の地下式横穴墓、
何故に 内部にまで ? 大変興味深いものがあります。

生目古墳 7号墳と地下式横穴墓のモデル


地下式横穴墓の模型

撮影した模型の写真に当方で説明文字及び縦穴部の点線を追記しました。
ライティングの関係でコントラストあり被葬者部分が“飽和”してしまいました。

地下式横穴墓の模型


被葬者を想い悲しむ古代の人々


地下式横穴墓 玄室をモチーフにした展示室


定期的に上部3面のスクリーンで生目古墳群の説明ビデオが流れます。
周囲を取り囲む10点の展示物は下に掲載しました。(頭蓋骨のみレプリカです。)



柿木原2号地下式横穴墓 / 柿木原2号地下式横穴墓
生目古墳群 生目の杜遊古館 埋蔵文化センター内 展示物 01生目古墳群 生目の杜遊古館 埋蔵文化センター内 展示物 02

柿木原2号地下式横穴墓群 / 北中8号地下式横穴墓
生目古墳群 生目の杜遊古館 埋蔵文化センター内 展示物 03生目古墳群 生目の杜遊古館 埋蔵文化センター内 展示物 04
北中遺跡の地下式横穴墓 / 下北方16号地下式横穴墓
生目古墳群 生目の杜遊古館 埋蔵文化センター内 展示物 05生目古墳群 生目の杜遊古館 埋蔵文化センター内 展示物 06
下北方16号地下式横穴墓 / 下北方16号地下式横穴墓
生目古墳群 生目の杜遊古館 埋蔵文化センター内 展示物 07生目古墳群 生目の杜遊古館 埋蔵文化センター内 展示物 08
下北方16号地下式横穴墓 / 下北方17号地下式横穴墓
生目古墳群 生目の杜遊古館 埋蔵文化センター内 展示物 09生目古墳群 生目の杜遊古館 埋蔵文化センター内 展示物 10



画像および情報はページ作成時点(2009年4月)のものであり、後々変更になる事があります。
最新情報は公式サイト等にて確認・入手をお願いします。

このページへのリンクはブログ等からでもご自由にどうぞ。 画像の転載はご遠慮願います。


宮崎、その他いろいろな写真サブページ表紙


Webページ作成 MORIMORI

MORIMORI